テクノロジーが現代の基礎であり、開発は今も進む

テクノロジーとは科学技術のことですが、あらゆる分野でこの開発が行なわれています。

それこそ狭く限りなく深くの世界かもしれません。

物を突き詰めていけば分子になり、それも電子と原子になります。

どのような発見がどの分野の開発に結びつくのかわからない世界です。

携帯電話やスマホに加え、ノートパソコンからキーボードが消えたタブレット端末まで年々進化してきています。

ほんの数十年間の出来事です。

地球の年齢からすれば一瞬のことでしょう。

地球に留まらず大気圏を飛び出し、宇宙にまでその技術が応用され始めています。

おかげで人が日常生活においてどれだけ楽ができるようになったでしょう。

朝起きればすぐにあたたかいお湯が出てきて、ご飯はタイマーさえセットしていれば炊けています。

トースターでは薫り高いパンが焼け、レンジでチンするだけでホットミルクもできます。

何の意識もせずに使っているあらゆるものが、先人の技術開発のおかげなのです。

人の能力のいいところは、開発した技術や知識を後進の人に伝え続けられる点かもしれません。

一からのスタートではなく、前人の残した足場からさらに上を目指すことができるのです。

成功よりも、はるかに失敗のほうが多いことでしょう。

公害や薬害など過去に犯した過ちを、再び繰り返すことだけは避けたいものです。